台東区民合唱団 基本情報

混声(SATB)合唱団
練習日時 毎週火・木曜(祝日休み) 18:45〜
練習会場 根岸社会教育館、駒形中学校、ミレニアムホール
練習楽曲 ボブ・チルコット 「A Little Jazz Mass」
グラツィアスコンサート 2018 公演の様子
グラツィアスコンサート 2018 公演の様子

当団は藝術の都・上野の森からもほど近い下町情緒あふれる台東区入谷界隈を拠点に活動する団員60名を超す大型混声合唱団です。
練習は、東京メトロ日比谷線三ノ輪駅そばの根岸社会教育館を中心に、その他入谷付近の台東区関連施設で行なっております。

当団のアイデンティティでもある台東第九公演「下町で第九」は、ここ数年は2014年にお迎えした東京藝術大学指揮科准教授酒井敦先生による、団員が圧倒されるほどのパワフルな指導により行なわれており、お蔭様をもちまして昨年の開催で第38回目となりました。さらに、その薫陶は第九にとどまらず、2018年6月3日には東京文化会館大ホールにおいて開催いたしました特別演奏会「グラツィアスコンサート2018」でも、フィナーレステージをご指導いただき好評を博しております。

また、グラツィアスコンサート終了後は、新たな常任指揮者として経験ご豊富な木村美音子先生をお迎えし、「音符の上を歌い、明るい音色、豊かな声量を目指す」合唱団として練習に励んでおります。
大変恵まれた環境の中で活動を行えますこと、団員一同この上なき幸せと感じております。


団長ご挨拶

年末の風物詩となっております「台東第九」“下町で第九”も、38回目を数えました。

2000年からは、それまでの浅草公会堂の舞台を東京藝術大学奏楽堂に移し、昨年は12月16日(日)東京藝術大学学長澤和樹先生の指揮のもと素晴らしいソリストと共に感動の第九を演奏することが出来ました。

台東第九は藝大フィルハーモニアの迫力ある演奏、将来を嘱望された藝大大学院生のソリスト、公募を含めた250余名の合唱団員が一体となって熱演いたします。

今日まで多くの方々のご理解とご支援をいただきながら、とても恵まれた環境の中で活動を続けてこられましたこと、団員一同感謝しつつこれからも歌い続けてまいります。

 

名所旧跡多き下町・台東区。日本有数の文化圏!歌もよし、人もよし、楽しい出会いがここにあり。

合唱をこよなく愛する皆様方のご入団を心からお待ちしております。

 

台東区民合唱団・ 団長 大塚昌孝 

新着情報

2019. 5. 17
東京都合唱祭に出演決定いたしました。
詳細は演奏会情報へ。